土曜日輪行準備、簡易LT計測

9 6月

日曜は風張峠でMt.富士前の仕上げをする。現地近くに輪行で行ってアタック予定。
オルトリーブサドルバッグLには以下のものを詰める。

  • Pochitt 超軽量輪行袋。廃盤のRB003の腹巻タイプ。後継はふつうの袋タイプ。
  • マルトのリアエンドプロテクター。いわゆるエンド金具だがプラで周りのものが傷つきにくい。いいですよ。
  • 無印良品「たためるスニーカー」 遺憾ながらこれも廃盤。ショップ紹介ページでも。
  • 100円ショップのゴムつきマジックテープ2本
  • 軍手
  • 下山用ウールネックウォーマー
  • 下山用ウィンドブレーカー長そで

服は以下。

  • Valette 半そでジャージ(Recbikeデザインのオーダー品)。
  • Sugoi RPMショーツ。シリコンを使わず擦れない裾を実現していて、パッドも程よく、リーズナブル。
  • Cannondaleのジレ バックポケットが3つあって使いやすい
  • 指切りグローブ
  • 2XU コンプレッションカーフガード。圧倒的にふくらはぎの攣りが抑制されるので。
  • RXLソックス。アーチを補佐してくれるTBK-256N。自分の足は長距離乗っているとだんだん足のアーチが崩れて痛みが出るので、このソックスのサポート感がお気に入り。

昼~夕方「自転車競技のためのフィロソフィー」にある簡易LT計測をやってみる。
ケイデンスは90±3rpmでほぼ固定し、100Wで15分アップ、その後、1分休息してから40Wあげて3分維持、を繰り返す。

  • 140W(時間03:05、平均出力139W、平均ケイデンス89rpm)
  • 1分休憩
  • 180W(時間03:06、平均出力182W、平均ケイデンス91rpm)
  • 1分休憩
  • 220W(時間03:03、平均出力227W、平均ケイデンス90rpm)
  • 1分休憩
  • 260W(時間01:08、平均出力260W、平均ケイデンス90rpm) ←ここで限界。

「ややキツイ~キツイ」がLTなので、220W近辺ということになるらしいです。
20分TT法より心持ち高い!呼気計測なしの出力計だけでは40W刻みくらいの精度が限界という意味も含んでいそうですが、kickstarterで個人購入可能な乳酸閾値計測器が出ている1ので、時代は遠からず変わるかもしれません。

普段なら2分以上保つ260Wが早く終わってしまったことは要分析で、90rpmが自分には低い=筋力が不十分という意味かなと考えています。その領域での繰り返しメニューが必要そうです。

夜は家事やってブログ書いて、家事やって…のループ。翌日のミスの種がここに蒔かれてるのですが…日曜の記事で。

1 BSX Insight LED光スキャンを使うそうです。
http://japan.cnet.com/sp/sports_innovation/35065525/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です